尾瀬ケ原の自然史 : 景観の秘密をさぐる

阪口豊 著

本書は、尾瀬ヶ原の学術調査にかかわった著者の仕事を中心に地学的特性から考察したもので、現在どの書物にも書かれている「尾瀬ヶ原は直接湖から生れた」とする説を退け、それに代る新しい生い立ちの歴史を提出する一方、尾瀬ヶ原に特徴的な微地形を詳しく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の泥炭地学事始め
  • 尾瀬ヶ原
  • 尾瀬ヶ原の生い立ち
  • 尾瀬ヶ原の微地形
  • 尾瀬ヶ原の古気候
  • 世界の泥炭地と尾瀬ヶ原

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾瀬ケ原の自然史 : 景観の秘密をさぐる
著作者等 阪口 豊
書名ヨミ オゼガハラ ノ シゼンシ
書名別名 Ozegahara no shizenshi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1989.6
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4121009282
NCID BN03528977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想