長崎洋学史  下巻

古賀十二郎 著 ; 長崎学会 編

[目次]

  • 長崎洋学史 下巻
  • 目次
  • 第六章 物理・化学 / p1
  • 第七章 西洋医術 / p121
  • 1 南蛮医術の伝来 / p121
  • 2 吾邦の吉利支丹医師 / p131
  • 3 長崎の慈恵院、其の他の病院 / p135
  • 4 旧記に載せてある吉利支丹医師 / p138
  • 5 南蛮流の眼科 / p142
  • 6 栗崎家の勃興 / p143
  • 7 幕府の医官栗崎正羽 / p151
  • 8 帰化人沢野忠庵と其系統の医家 / p158
  • 9 寛永時代に於ける紅毛医師の渡来 / p161
  • 10 カスパル流系統の医家 / p165
  • 11 西玄甫と其系統の医家 / p167
  • 12 向井元升と西洋医方 / p171
  • 13 嵐山甫安の長崎遊学 / p173
  • 14 嵐山氏の門人柱川甫筑 / p176
  • 15 鳩野宗巴 / p178
  • 16 寛文より貞享に至る頃の紅毛医術 / p179
  • 17 蘭訳司本木庄太夫の和蘭全軀内外分合図 / p185
  • 18 Dr.Willem ten Rhijineの渡来 / p189
  • 19 Dr.Andreas Cleyerの渡来 / p191
  • 20 Dr.Engelbert Kämpferの渡来 / p193
  • 21 Dr.Engelbert Kämpferの略歴 / p195
  • 22 楢林流の祖楢林鎮山及びその子孫 / p209
  • 23 吉雄流の孫吉雄耕牛及びその子孫 / p223
  • 24 甲比丹Jan Cock Blomhoffと文政五壬午年のコレラ病流行 / p254
  • 25 シーボルトの渡来 / p258
  • 第八章 本邦に於ける種痘術の普及 / p265
  • 1 痘瘡の東漸及び西漸 / p265
  • 2 来舶清人李仁山の種痘法及び御纂医宗金鑑 / p268
  • 3 土耳古種痘法の英国伝来 / p280
  • 4 牛痘接法発明以前に於ける来舶紅毛人の種痘 / p289
  • 5 牛痘接法発明以降嘉永二己酉年以前に於ける来舶紅毛人の種痘 / p296
  • 6 英国人Edward Jennerの牛痘接種の法 / p297
  • 7 支那に移入された牛痘接法 / p300
  • 8 蘭通詞馬場佐十郎と魯西亜牛痘接法 / p309
  • 9 文化時代に於ける長崎の種痘 / p316
  • 10 シーボルトと牛痘接法 / p317
  • 11 高島秋帆の牛痘苗取寄方の計企 / p320
  • 12 鍋島直正公の牛痘苗取寄方の計企と楢林宗建の活躍 / p325
  • 13 Dr.Otto Mohnikeの種痘術伝習並に種痘 / p333
  • 14 吉雄圭斎、柴田方庵等の牛痘接法 / p335
  • 15 松平春嶽公の支那より牛痘苗取寄方の計企 / p342
  • 16 Dr.J.K.van den Broekと種痘に対する注意 / p345
  • 17 Dr.Pompe van Meerdervoortの牛痘接種普及に対する寄与 / p347
  • 18 牛痘接法の排斥 / p352
  • 第九章 梅毒の研究及び検梅 / p355
  • 1 梅毒に関する長崎方言称呼、其他 / p355
  • 2 吾邦に於ける梅毒亜米利加伝来説の唱導 / p357
  • 3 吉雄耕牛と梅毒亜米利加伝来説 / p359
  • 志筑忠雄の梅毒亜米利加伝来説 / p362
  • 大槻玄沢の説 / p363
  • 橋本伯寿の説 / p366
  • 高野長英の梅毒亜米利加伝来説 / p369
  • 末次忠助と西洋定期検梅 / p371
  • 4 シーボルト、其他来舶紅毛人の梅毒研究 / p375
  • 5 天保前後に於ける蘭学者の梅毒研究 / p378
  • 6 蘭医Dr.Pompe van Meerdervoortの検梅実施の計企 / p379
  • 7 魯西亜人の遊女検梅 / p381
  • 8 松本良順の梅毒病院設立の計企 / p389
  • 9 英医ニュゥトン氏の日本に於ける梅毒病院の創設 / p391
  • 英医ニュゥトンの横浜渡来 / p392
  • 英国に於ける検梅 / p393
  • 横浜梅毒病院の設立 / p394
  • 横浜梅毒病院の経営及び成績 / p402
  • 英医ニュゥトン氏の長崎梅毒病院設立の計企 / p405
  • 英医ニュゥトン氏の長崎着 / p412
  • 長崎に於ける梅毒病院の設立 / p414
  • 検梅に対する抗議 / p416
  • 六千余両献金問題 / p419
  • 長崎梅毒病院の閉鎖 / p423
  • 英医ニュゥトン氏の逝去 / p429
  • 第十章 長崎養生所並御薬園沿革 / p435

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 長崎洋学史
著作者等 古賀 十二郎
長崎学会
書名ヨミ ナガサキ ヨウガクシ
巻冊次 下巻
出版元 長崎文献社
刊行年月 1967
版表示 再版
ページ数 556p 図版16枚
大きさ 22cm
NCID BB12838336
BN03524590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67000648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想