腐食反応とその制御

H.H.ユーリック 著

腐食は多種多様であるが、その背景には意外に整然した原理がある。この原理に照らして腐食を考えれば、腐食を体系的に考えることができ、対処の方向も自然に明らかになる。このユーリック教授の名著は原理をやさしく解説し、種々の腐食の中にそれがどのように生きているかを明解に示すことによって、応用力を養うことを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 腐食の定義とその重要性
  • 腐食の電気化学的機構
  • 腐食傾向と電極電位
  • 分極と腐食速度
  • 不動態
  • 鉄と鋼
  • 応力の影響
  • 大気腐食
  • 土壌腐食
  • 高温酸化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腐食反応とその制御
著作者等 Revie, R. Winston
Uhlig, Herbert Henry
松島 巌
松田 誠吾
レヴィー R.W.
松田 精吾
ユーリック H.H.
書名ヨミ フショク ハンノウ ト ソノ セイギョ
出版元 産業図書
刊行年月 1974
版表示 第2版 松田誠吾,松島巌共訳.
ページ数 412p
大きさ 22cm
ISBN 4782830068
NCID BN03517289
BN04115542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69006809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想