石母田正著作集  第6巻 (古代末期の政治過程および政治形態)

青木和夫 ほか編

本書は、日本における古代から中世=封建制への変革過程の合法則性と特殊性を、その変革の第一段階である十世紀初頭から十二世紀末葉の歴史の分析を通して考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代末期の政治過程および政治形態-古代世界没落の一考察(古代転換期としての10世紀
  • 封建的諸関係の成長
  • 古代国家の没落過程
  • 2,3の理論的問題について)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代末期の政治過程および政治形態-古代世界没落の一考察
  • 中世成立史の二、三の問題
  • 中世史研究の起点-封建制への二つの道について
  • 封建制成立の特質について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石母田正著作集
著作者等 石母田 正
青木 和夫
書名ヨミ イシモダ ショウ チョサクシュウ
書名別名 古代末期の政治過程および政治形態

Ishimoda sho chosakushu
巻冊次 第6巻 (古代末期の政治過程および政治形態)
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.6
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 4000914065
NCID BN03502893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89055589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想