脳の大宇宙 : 脳研究の先端モード

養老孟司 編

脳の研究はすでにはるかに医学の領域を超え、哲学、ニューメディア、社会問題などを複合しつつ、膨張を続けている。とびかう情報をわたしたちははたしてどれほど把握しているのか。脳の研究はいま、何がわかっているのか、何がわかっていないのか。人工知能、脳移植、ぼけなど、問題の分野の最新情況を明らかにした<あなたの脳を搾る本>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 対談・人工知能は神たりうるか(養老孟司・橋田浩一)
  • 2 コネクショニズムとニューラルネットワーク
  • 3 脳移植はどこまで許されるか-その倫理的限界
  • 4 脳移植はどこまで可能なのか
  • 5 呆けはどこまで解明されているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の大宇宙 : 脳研究の先端モード
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ノウ ノ ダイウチュウ
書名別名 No no daiuchu
シリーズ名 Fukutake books 10
出版元 福武書店
刊行年月 1989.6
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 4828833099
NCID BN03500504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89046316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想