道教百話

窪徳忠 著

老荘哲学の流れを汲む道教は、昔から中国民衆の生活に密着し、中国の宗教の弱流をなしてきた。本書は、道教の内容を教学、方術、医術、および倫理の各面から検討して、その真の姿を平易な百話にまとめた。同時に、道教の宗派と信仰の現状を概観し、また日本への伝来と影響については、たとえば五月に飾る武者人形の鍾馗や庚申待の行事、貝原益兼の「養生訓」など、古くから日本の民間習俗と深くかかわっていることを興味深く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 道教とはなにか
  • 2 道教の教学
  • 3 道教の方術
  • 4 道教の医術
  • 5 道教の倫理
  • 6 道教の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道教百話
著作者等 窪 徳忠
書名ヨミ ドウキョウ ヒャクワ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.5
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4061588753
NCID BN03497396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89040102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想