わかりやすい日本語の表記 : 書きことばの常識

福島功夫 著

日本語は、決して乱れていない。しかし、日本語の表記は乱れている。日本語の書き表し方に一定の基準が存在しにくいのは、極言すれば漢字という無秩序な文字体系を使用しているからである。それに加えて、ヒラガナ、カタカナ、ローマ字など多種類の文字系が併用されていることもある。そのような状況のもとで、ことばの標準的な書き表し方を求めるには、どうすればよいか。この本は、そういう問題を考えるために編まれた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 外来語の表記
  • 記号の使い方・数字の表記(記号の使い方
  • 数字の表記)
  • 漢字と仮名の書き分け
  • 仮名づかい(現代仮名遣い
  • 長音・助詞など
  • その他の仮名書きでの誤字の問題)
  • 送り仮名のつけ方
  • 誤字などの問題
  • 漢字の書き分け(同訓の漢字の書き分け
  • 同音異義語の使い分け)
  • 常用漢字表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすい日本語の表記 : 書きことばの常識
著作者等 福島 功夫
書名ヨミ ワカリヤスイ ニホンゴ ノ ヒョウキ
書名別名 Wakariyasui nihongo no hyoki
出版元 創拓社
刊行年月 1989.5
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 487138070X
NCID BN03497319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想