町衆のまち 京

川嶋将生 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 自治の成立 / 1
  • 一 町人の出現 / 2
  • 小路名の出現
  • 町の成立
  • 町人の登場
  • 二 闕所と検封 / 16
  • 闕所の実態
  • 社寺検断の限界
  • 闕所屋の配分と毀屋
  • 三 町衆の自治 / 29
  • 街々の空き地
  • 款冬町の井戸
  • 町のおとな
  • 自治の発現
  • 町の定
  • 第二章 町々の諸相 / 51
  • 一 ある町の景観 / 52
  • 饅頭屋町の構成
  • 立売の町
  • 町屋の内部
  • 町の財政
  • 二 六角町と大沢氏 / 73
  • 六角町と内蔵頭
  • 山科家雑掌大沢氏
  • 六角町の町代
  • 三 町中の公家 / 85
  • 没落する公家
  • 言継の家計
  • 言継の交友
  • 公家と町衆の交わり
  • 四 町衆の女房たち / 100
  • 女性の職業
  • 風呂屋の女
  • 女房の浮気
  • 事件の顚末
  • 後妻打
  • 第三章 祭礼と芸能 / 117
  • 一 祇園会と町 / 118
  • 処々の跳鉾
  • 祇園会の中絶と再興
  • 山鉾の調達
  • 『鬮罪人』の世界
  • 二 稲荷祭の風流 / 136
  • 稲荷と京
  • 祭りの様相
  • 稲荷祭の馬長
  • 稲荷祭の退転
  • 三 町衆の芸能 / 151
  • 女房の松拍子
  • 風流の催し
  • 風流踊の季節
  • 燈籠会の風流
  • 第四章 信仰と寄合 / 169
  • 一 福神信仰 / 170
  • 福神信仰の浸透
  • 福神と芸能
  • 恵美須と大黒の戦争
  • 二 法華信仰 / 182
  • 京都へ進出する法華宗
  • 町衆と法華宗
  • 法華一揆と法華の乱
  • 禅宗と真宗
  • 三 庚申の寄合 / 196
  • 庚申の夜
  • 公家の庚申待
  • 武家の庚申待
  • 庶民の庚申待
  • 四 汁の盛行 / 209
  • 汁物の寄合
  • 巡汁の運営
  • 町汁と町組
  • 第五章 町中の一年 / 223
  • 一 町衆の一年 / 224
  • 四季の概観
  • 冷泉町の一年
  • 結婚と離婚
  • 二 公家の一年 / 241
  • 甘露寺親長
  • 親長の一年
  • 親長にみる公家の姿
  • 三 武家の一年 / 253
  • 蜷川親元と親俊
  • 親元の春と夏
  • 親元の秋と冬
  • 蜷川親俊
  • 四 僧侶の一年 / 271
  • 応仁の乱後の禅院
  • 僧侶の春と夏
  • 僧侶の秋と冬
  • あとがき / 287

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 町衆のまち 京
著作者等 川嶋 将生
日本文化の会
書名ヨミ マチシュウ ノ マチ キョウ
シリーズ名 記録・都市生活史 ; 3
出版元 柳原書店
刊行年月 1976.12
ページ数 288p 図
大きさ 20cm
NCID BN03493125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77012237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想