食物文明論 : 食料は文明の礎え

C.B.ハイザー Jr. 著 ; 岸本妙子, 岸本裕一 共訳

本書は、農業の起源、栄養学、主要な食用動植物のもつ経済的側面、および将来の食料問題への考察についても意欲的に取り組んだ書物であり、食の問題を考えていく上で貴重な示唆に富むものと考えられる。したがって、食料と文明のかかわり合いについて、人類のこれまでの歩みを振り返るのみでなく、むしろ、現状をよりよくふまえた上で、将来への展望の足がかりとしようとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農業の起原
  • 第2章 種子・性と犠牲
  • 第3章 生命の源としての「食」
  • 第4章 肉類-ぜいたくな食物
  • 第5章 イネ科植物-生命の糧
  • 第6章 砂糖
  • 第7章 マメ類-安価な蛋白質源
  • 第8章 さまざまな澱粉質作物
  • 第9章 ココヤシ
  • 第10章 ヒマワリとワタ
  • 第11章 さまざまな飲食用および香辛料植物
  • 第12章 馴化動植物の進化と育種
  • 第13章 「あの人たち、お菓子を食べたらいいのに」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食物文明論 : 食料は文明の礎え
著作者等 Heiser, Charles Bixler
岸本 妙子
岸本 裕一
ハイザー C.B. Jr.
書名ヨミ ショクモツ ブンメイロン
書名別名 Seed to civilization. 2nd ed

Shokumotsu bunmeiron
出版元 三嶺書房
刊行年月 1989.3
ページ数 384p
大きさ 20cm
ISBN 4914906880
NCID BN03492020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90006267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想