ラテンアメリカ史 : 植民地時代の実像

染田秀藤 編

15世紀末から19世紀初頭に至るラテンアメリカにおけるインディオ、黒人、混血など「歴史を奪われた人々」の実態を明らかにし、発見・征服・植民化の意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 スペイン領アメリカ-ヌエバ・エスパーニャ副王領(自然環境と文化領域
  • 征服の時代
  • 植民地社会の形成-2つの世界
  • 植民地の確立
  • 植民地の改革)
  • 2 スペイン領アメリカ-ペルー副王領(自然環境と先スペイン期の人々
  • スペインの覇権確立と先住民の抵抗
  • 植民地時代前期-ハプスブルグ王朝期
  • 植民地時代後期-ブルボン王朝期)
  • 3 ポルトガル領アメリカ-ブラジル(地域の特性
  • 黒人奴隷制の成立-先住民奴隷から黒人奴隷へ
  • 「砂糖文明」と黒人奴隷の抵抗)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテンアメリカ史 : 植民地時代の実像
著作者等 染田 秀藤
書名ヨミ ラテン アメリカシ
書名別名 Raten amerikashi
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.6
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 4790703509
NCID BN0348612X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89038812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想