法則化批判

西郷竹彦 著

今、日本中の小・中学校で一世を風靡している法則化運動-本書はその法則化運動・国語の授業を、向山洋一氏らの個々の授業に現われた「教師の発問」「子どもの発言」「子どもの作文」などを通して克明に検討し、その誤りを理論と実践両面から明らかにし、徹底的に批判した書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「法則」化・国語、その愚かしくも、おそるべき実態(デタラメな発問の「法則」化・国語-俳句「某は案山子にて候雀どの」の授業について
  • 文芸学理論のイロハ)
  • 第1章 向山洋一の授業批判(向山洋一「『春』の授業」批判
  • <追試>=愚行の拡大再生産
  • 向山洋一「『冬景色』の授業」批判)
  • 第2章 大森修の授業批判(大森修「『から』の授業」批判
  • 大森修「『虻』の授業」批判
  • 大森修「『小さなみなとの町』の授業」批判)
  • 終章 「法則」化運動の本質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法則化批判
著作者等 西郷 竹彦
書名ヨミ ホウソクカ ヒハン
書名別名 文芸教育の立場から

Hosokuka hihan
出版元 黎明書房
刊行年月 1989.5
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4654007415
NCID BN03483802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89041693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想