発展途上国における現地化政策の評価

藤森英男 編

[目次]

  • 第1章 現地化政策の変化とその評価
  • 第2章 進出企業からみた現地化政策の評価と今後のあり方
  • 第3章 国際投資の国際的保護と途上国の規制-国際二重投資規範の背景
  • 第4章 経営管理面からみたタイの現地化政策について
  • 第5章 技術の現地化からみたOEM供給の評価
  • 第6章 鉱物資源の現地化政策-銅の場合
  • 第7章 韓国の国産化政策の効果と問題点-自動車工業のケース
  • 第8章 タイ現地化政策の評価と今後の課題
  • 第9章 フィリピンにおける現地化政策の評価
  • 第10章 ブミプトラ政策とプリブミ政策の比較-マレーシア・インドネシアにおける現地化政策の一側面
  • 第11章 ブラジルの現地化政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発展途上国における現地化政策の評価
著作者等 藤森 英男
書名ヨミ ハッテン トジョウコク ニ オケル ゲンチカ セイサク ノ ヒョウカ
シリーズ名 経済協力シリーズ 第145号
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1989.3
ページ数 295p
大きさ 21cm
ISBN 4258091456
NCID BN03482082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90008469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想