勤労の新理念

ゲルハルト 著 ; 栗原佑 訳

原タイトル: Deutsche Arbeits und Sozialpolitik

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序 / 1
  • はしがき / 1
  • 序說 獨逸社會政策の道 / 1
  • 第一部
  • 第一章 國民經濟における勞働 / 21
  • 第一節 民族と勞働 / 21
  • 第二節 人間勞働の本質について / 26
  • 第三節 勞働の諸形態 / 33
  • 第四節 勞働編成 / 45
  • 第五節 勞働制度 / 49
  • 第六節 經濟的全體作業能力 / 55
  • 第二章 近代勞働制度の特徵 / 60
  • 第一節 自由主義 / 60
  • 第二節 職業身分的勞働制度 / 63
  • 第三節 ファシズムの勞働制度 / 79
  • 第三章 經營と經營協同體 / 90
  • 第一節 社會的成體としての經營 / 90
  • 第二節 經營制度 / 99
  • 第三節 輕營協同體の本質について / 111
  • 第四節 社會的經營政策 / 120
  • 第四章 國民的勞働の秩序 / 131
  • 第一節 ドイツ勞働制度の基礎 / 131
  • 第二節 經營の秩序 / 135
  • 第三節 勞働生活の超經營的規制 / 148
  • 第四節 勞働關係の法律的構成について / 170
  • 第二部
  • 第五章 勞働保護 / 179
  • 第一節 勞働保護の本質及び課題 / 179
  • 第二節 勞働保護の一般的諸方策 / 182
  • 第三節 靑少年保護及び女子保護 / 188
  • 第四節 勞働保護の遂行 / 196
  • 第五節 家內勞働の保護 / 199
  • 第六節 勞働時間構成 / 208
  • 第六章 社會保險 / 236
  • 第一節 前提と原則 / 236
  • 第二節 社會保險の國民經濟的諸效果 / 246
  • 第三節 失業保險の一般的諸問題 / 251
  • 第四節 ドイツ社會保險の構造 / 255
  • 第五節 社會保險の發展 / 276
  • 第六節 社會保險の新秩序 / 282
  • 第七章 失業と勞働振興 / 294
  • 第一節 失業の根據及び態樣 / 293
  • 第二節 技術的進步と失業 / 308
  • 第三節 勞働權 / 314
  • 第四節 勞働振興の本質 / 318
  • 第五節 一九三三年以前の獨逸勞働振興方策 / 326
  • 第六節 民族社會主義的勞働振興行動 / 331
  • 第七節 勞働振興の金融について / 343
  • 第八章 勞働配置 / 349
  • 第一節 勞働調整と勞働配置 / 349
  • 第二節 勞働紹介と職業相談 / 359
  • 第三節 勞働配置の歷史について / 371
  • 第四節 新ドイツ國に於ける勞働配置 / 375
  • 第五節 農村勞働問題 / 391
  • 第九章 賃銀政策 / 406
  • 第一節 賃銀政策の諸課題 / 406
  • 第二節 勞働組合の賃銀政策 / 415
  • 第三節 民族社會主義的賃銀構成の諸原則 / 422
  • 第四節 賃銀政策の遂行
  • 第五節 特殊賃銀構成範域 / 443
  • 第六節 諸成果 / 452
  • 第十章 勞働救護 / 459
  • 第一節 勞働訓練 / 459
  • 第二節 國民厚生事業 / 476
  • 第三節 勞働者住宅問題考 / 483
  • 索引 / 493

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 勤労の新理念
著作者等 Gerhardt, Johannes
栗原 佑
ゲルハルト
書名ヨミ キンロウ ノ シンリネン
書名別名 Deutsche Arbeits und Sozialpolitik
シリーズ名 新世界観輯系 ; 第5巻
出版元 栗田書店
刊行年月 昭和17
ページ数 501p
大きさ 19cm
NCID BN03481443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47035670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想