人と病気の科学史

山口彦之 著 ; 遺伝学普及会編集委員会 編

本書では、かつて人間は病気をどのように理解してきたか、その歴史をさかのぼることによって、人間が″生命″をどう捉えてきたかをたどり、さらに病気とどのように戦ってきたかを振り返りながら生命科学の発展してきた道筋を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 病気と呪術
  • 2章 古代文化の生命観
  • 3章 近代医学の誕生
  • 4章 病原菌との戦い
  • 5章 生命科学の発展
  • 6章 20世紀のトピックスへ
  • 7章 日本人をさぐる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と病気の科学史
著作者等 山口 彦之
遺伝学普及会
書名ヨミ ヒト ト ビョウキ ノ カガクシ
書名別名 Hito to byoki no kagakushi
シリーズ名 ポピュラーサイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1989.4
ページ数 150p
大きさ 19cm
ISBN 4785385146
NCID BN0347403X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89037778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想