流れをはかる

木村竜治 著

流れの視点で日常生活を見ると、今まで見えなかったものが見えるような気がすることがあります。本書で特に強調したのは、流れと社会の関係です。流れの視点をもつと、人間社会は、人間を構成要素とする流れのように見えてくるのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 流れとは何か
  • 第2章 変動する流れの社会
  • 第3章 空気の偉大な力
  • 第4章 流れの中にひそむ法則
  • 第5章 流れをつかむ人々
  • 第6章 流れを見る視点
  • 引用文献・本書に関連した文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流れをはかる
著作者等 木村 竜治
木村 龍治
書名ヨミ ナガレ オ ハカル
書名別名 Nagare o hakaru
シリーズ名 はかるシリーズ
出版元 日本規格協会
刊行年月 1989.2
ページ数 122p
大きさ 19cm
ISBN 4542910083
NCID BN03473536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想