広益俗説弁

井沢蟠竜 著 ; 白石良夫 校訂

森鴎外の愛読書、江戸時代の説話の宝庫。18世紀初めの日本に流布していた俗説を、和漢の書を博引しつつ考証し、その誤りを論駁した書で、旺盛な批判精神と合理的な思考は当時の社会に喜び迎えられ、ロングセラーとなった。その正編の忠実な翻刻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広益俗説弁
著作者等 井沢 蟠竜
湯浅 佳子
白石 良夫
書名ヨミ コウエキ ゾクセツベン
書名別名 Koeki zokusetsuben
シリーズ名 東洋文庫 503
出版元 平凡社
刊行年月 1989.6
ページ数 378p
大きさ 18cm
ISBN 4582805035
NCID BN03461140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想