リンネとその使徒たち : 探検博物学の夜明け

西村三郎 著

新大陸に渡ったカルム、アラビアの荒野をさまよったフォルスコール、喜望峰と鎖国ニッポンを探索したツュンベリー。神の御手になるこの自然の全てを究めつくしたい、啓蒙の時代18世紀を代表する博物学者リンネの強い感化をうけ、未知の生物を求めて遥かな異境へ学術探検を試みた<使徒>たちの残した栄光と苦悩の足跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 カール・リンネ-神の栄光のために
  • 1章 アメリカの新天地にて-ペール・カルム
  • 2章 幸福のアラビアに死す-ペール・フォルスコール
  • 3章 ニッポンへの道-カール・ペーテル・ツュンベリー
  • 終章 カール・リンネ-世界をのぞむまなざし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リンネとその使徒たち : 探検博物学の夜明け
著作者等 西村 三郎
書名ヨミ リンネ ト ソノ シトタチ
出版元 人文書院
刊行年月 1989.5
版表示 第2刷
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 4409510207
NCID BA30363277
BN03455771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想