東南アジア文化史

G.セデス 著 ; 山本智教 訳

本書は、各地域の碑銘学・考古学などの特殊研究を基礎として全体を概観したもので、東南アジア全体の古代史・中世史の概説として世界最初のものであり、他の類書がないので東洋史を学ぶ人の必読書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国と住民
  • 第2章 ヒンドゥー化
  • 第3章 最初期のヒンドゥー諸王国(初めから4世紀中ごろまで)
  • 第4章 インドシナとインドネシアの2回目のヒンドゥー化(4世紀中ごろから6世紀中ごろまで)
  • 第5章 扶南の解体(6世紀中葉から7世紀末まで)
  • 第6章 シュリーヴィジャヤの発展 カムボジャにおける分離 ジャワにシャイレーンドラ王朝の出現(7世紀末から9世紀初めまで)
  • 第7章 アンコール王制の建設、スマトラのシャイレーンドラ王朝(9世紀の初めの三つの4分期)
  • 第8章 アンコールの王制とシュリーヴィジャヤの隆盛(9世紀末から11世紀初めまで)
  • 第9章 3人の大王。カムボジャのスールヤヴァルマン一世、ジャワのアイルランガ、ビルマのアノーラタ(11世紀の初めの三つの4分期 1000年〜1075年)
  • 第10章 カムボジャのマヒーダラプラ王朝、ビルマのパガン王朝、ジャワのカディリ王国(11世紀末と12世紀の初めの三つの4分期 1100年〜1175年)
  • 第11章 カムボジャの最盛期 ビルマにシンハリー仏教を導入 ジャワのシンガサリ王国(12世紀最後の4分期と13世紀の初めの二つの3分期 1175年〜1266年)
  • 第12章 蒙古人の征服の反響(13世紀のさいごの3分期)
  • 第13章 ヒンドゥー諸王国の衰微(14世紀の前半)
  • 第14章 ヒンドゥー諸王国の終り 14世紀中葉からポルトガル人のマラッカ占領(1511年)まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア文化史
著作者等 Cœdès, George
山本 智教
セデス G.
書名ヨミ トウナン アジア ブンカシ
書名別名 Les états hindouisés d'Indochine et d'Indonésie

Tonan ajia bunkashi
出版元 大蔵
刊行年月 1989.4
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 4804310177
NCID BN03448095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想