日本的成熟社会論 : 20世紀末の日本と日本人の生活

佐原洋 著

本書においてはヒューマン・ウェルフェア・エコノミックスを、主として石油危機克服と円高危機克服の過程で達成された経済的成果によって日本の経済社会は今まで経験したことのない成熟的段階に到達するとともに、多様な日本的特質を持ち、かつある程度の先進国病の症状も呈しつつある経済社会であると把握し、その体質を診断するものとして適用した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本的成熟社会の概観-統合なき繁栄
  • 第1章 戦後半世紀の激変、壊滅から成熟社会への移行
  • 第2章 成熟社会論の検討と日本的成熟社会の特質
  • 第3章 成熟社会における先進国病の危険
  • 第4章 高度情報化社会か、高度先端工業化社会か
  • 第5章 日本の生活経済思想家をふりかえる-日本人のエートスの底流<石田梅岩、二宮尊徳、内村鑑三、渋沢栄一について>

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的成熟社会論 : 20世紀末の日本と日本人の生活
著作者等 佐原 洋
書名ヨミ ニホンテキ セイジュク シャカイロン
書名別名 Nihonteki seijuku shakairon
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1989.4
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4486010728
NCID BN03437791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想