読書するプログラマ

祐安重夫 著

インターフェース誌の人気連載「いきあたりばったり読書日記」を加筆・補整、新たに書き下ろしエッセイを併せて収録。博学で鳴る著者の炯眼は、日々の読書を通し、科学技術、市民運動、教育思想から料理に至るまで、広く現代社会を透視する。現代の匠(プログラマ)が綴る破邪顕正の辛口随筆集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 読書日記
  • 「読書日記」のできるまで
  • ルドルフ・シュタイナー-あるいは力学的自然観をこえて
  • 寺田寅彦-あるいは感覚の効用について
  • 現実から幻想へ-感覚の崩壊
  • 現実から幻想へ-世界を操作すること
  • アップル・コンピュータ
  • 辞典について
  • Book Hunter's Digest
  • 手仕事としてのソフトウェア
  • 現実から幻想へ-電脳空間のかなたへ
  • 東京物語-変貌する東京
  • 古本屋綺譚
  • T書店
  • 東京物語-江戸から東京へ
  • 東京物語-蕎麦屋の酒
  • アルフレッド・ラッセル・ウォレス-進化論から心霊学へ
  • 技術の農業化に抗して
  • GNU-自由なソフトウェア、無償のソフトウェア
  • 花見の宴-あるいはまれびとについて
  • 植物の思考
  • 昼下がりの地上げ
  • 失踪
  • 都電が消えた日〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読書するプログラマ
著作者等 祐安 重夫
書名ヨミ ドクショスル プログラマ
書名別名 Dokushosuru purogurama
出版元 翔泳社
刊行年月 1988.10
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4915673189
NCID BN03433484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89049666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想