神話の森 : イザナキ・イザナミから羽衣の天女まで

山本節 著

古事記・日本書紀・風土記に現れる神々の生と死をたどりつつ、その物語の隠された意味を解き明かす。絶好の日本神話入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神と英雄の伝承-『古事記』に沿って(語り継がれたもの-『古事記』序文から
  • 現れまた現れるもの-天地と神々のはじめ
  • 結婚・出産・死-天のイザナキ地のイザナミ
  • 日の神と荒ぶる神と-アマテラスの死と再生
  • 女神殺害-オホゲツヒメと穀物起源
  • 出雲の大蛇-スサノヲの闘争
  • 受難・恋・国作り-オホクニヌシの遍歴
  • 天降る神々-国譲りと天孫降臨
  • わたつみのいろこの宮に-山幸彦の海宮訪問
  • 大和へ-神武天皇の東征
  • 鉤穴を来る神-三輪山の神婚
  • 不老不死の果実を求めて-タヂマモリの渡海
  • 戦い・愛・死-悲劇の英雄ヤマトタケル
  • 海の巫女-神功皇后と応神天皇)
  • 神と風土の伝承-『風土記』から(地方の書-成立の事情
  • 山と神と祖の神-福慈と筑波
  • 地主神の征服-夜刀の神
  • 巨人の足跡-大櫛の岡
  • 器の中の雷神-〓@51D7時臥山と兄妹
  • 国引き-八束水臣津野 命の国作り
  • 須髪を生やして哭く神-アヂスキタカヒコと雷神
  • 石神の涙-新羅の人と五色の玉
  • 餅の的と白い鳥-空を飛ぶ穀霊
  • 沼に沈んだ水-褶振峯のオトヒヒメコ
  • 丹塗矢と乙女-賀茂川の神婚
  • 早乙女の死-伊福部の岳の雷神
  • 空に帰った天女-伊香小江の羽衣
  • 地に留まった天女-奈具社の女神
  • 疫病神の歓待-蘇民将来と武塔神)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神話の森 : イザナキ・イザナミから羽衣の天女まで
著作者等 山本 節
書名ヨミ シンワ ノ モリ
書名別名 Shinwa no mori
出版元 大修館書店
刊行年月 1989.4
ページ数 549p
大きさ 20cm
ISBN 4469220663
NCID BN03427415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89037357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想