ライフサイクル、その完結

E.H.エリクソン 著 ; 村瀬孝雄, 近藤邦夫 訳

本書では、人格発達を誕生から老年にいたるまでの、ライフサイクルの各段階で葛藤と混乱を経て形成されていくアイデンティティの問題としてとらえている。これによつて、従来、性器的成熟という生物学的概念に支配されていた成年期、老年期等の人生の諸段階は、次元を超えて新しい人間学を切り開くものとなった。本書は、各発達段階に簡潔な要約を与え、さらに理論の深化、発展を示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論-「外界」に関する歴史的覚書
  • 2 心理・性的なものと世代のサイクル
  • 3 心理・社会的発達の主要な段階
  • 4 自我とエトス-結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライフサイクル、その完結
著作者等 Erikson, Erik H.
Erikson, Erik Homburger
村瀬 孝雄
近藤 邦夫
エリクソン E.H.
書名ヨミ ライフサイクル ソノ カンケツ
書名別名 The life cycle completed
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.5
ページ数 157, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4622030330
NCID BN03420846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89041396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想