法的思考とはどのようなものか : 実践知を見直す

田中成明 著

法的思考の実践知としての特質と基本構造を、科学としての法律学、利益衡量論、法政策学の批判的検討をもふまえて、対話的合理性の立場から解明する。法的思考の学び方から哲学的背景までを広い視野から説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 法的思考の特質と現況-法的思考への招待
  • 2 法的思考の合理性-法解釈論争の批判的考察(問題の所在と視座の設定:法解釈論争の再検討
  • 法的思考の知的地平-法的正当化とその合理性
  • 法的思考の基本構造-法的議論の構成原理・枠組
  • 教義学的性質と科学化の試み
  • 法的価値判断の合理性)
  • 法律学と実践哲学-法的思考の哲学的背景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法的思考とはどのようなものか : 実践知を見直す
著作者等 田中 成明
書名ヨミ ホウテキ シコウ トワ ドノヨウナ モノ カ
書名別名 Hoteki shiko towa donoyona mono ka
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.4
ページ数 290, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4641026742
NCID BN03412349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89042676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想