オンブズマン法

園部逸夫 著

第二臨調・行革審の最終答申で、国民の信頼を確保するための緊急の行政課題として掲げられたのがオンブズマン制度。いま、政治・行政について国民の信頼が失墜しているとき、実務経験をももつ著者が、行政法体系の中にオンブズマンを位置づけて検討し、また諸外国の制度についても詳細に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 オンブズマン法の思想
  • 第1章 オンブズマンの類型
  • 第2章 オンブズマンと行政法
  • 第3章 オンブズマン制度立案の動向
  • 第4章 諸外国におけるオンブズマン(普及状況
  • 一般オンブズマン
  • 特殊オンブズマン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オンブズマン法
著作者等 園部 逸夫
書名ヨミ オンブズマンホウ
書名別名 Onbuzumanho
シリーズ名 行政法研究双書
出版元 弘文堂
刊行年月 1989.4
ページ数 216, 4p
大きさ 22cm
ISBN 433531065X
NCID BN03399273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89034815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想