気象の理 : 環境科学へのアプローチ

島貫陸 著

[目次]

  • 気象の理 <環境科学へのアプローチ>
  • 目次
  • 1. 大気の観測 / 9
  • 1.1 大気は見えない / 9
  • 1.2 測定の必要性 / 11
  • 1.3 測定の方法 / 12
  • 1.4 観測の限界 / 17
  • 2. 大気とは何か / 22
  • 2.1 気体 / 22
  • 2.2 固体・液体 / 28
  • 2.3 放射 / 29
  • 2.4 気温の鉛直分布と放射 / 33
  • 3. 大気の科学 / 36
  • 3.1 観測結果の法則化 / 36
  • 3.2 気象学と他の学問 / 39
  • 3.3 理論の基礎 / 42
  • 3.4 理論と実際 / 46
  • 4. 力と風 / 48
  • 4.1 気圧 / 48
  • 4.2 気圧傾度力 / 51
  • 4.3 転向力 / 53
  • 4.4 等速直線運動 / 55
  • 4.5 等速円運動 / 56
  • 5. 熱のエネルギー / 61
  • 5.1 日射 / 61
  • 5.2 地面温度の日変化 / 65
  • 5.3 水蒸気が運ぶエネルギー / 70
  • 6. 鉛直気流 / 72
  • 6.1 対流 / 72
  • 6.2 断熱変化 / 75
  • 6.3 気層の安定度 / 78
  • 6.4 凝結 / 81
  • 7. 雲と雨 / 85
  • 7.1 雲粒の生成 / 85
  • 7.2 雨滴の成長 / 87
  • 7.3 人工降雨 / 91
  • 7.4 雲の形と動き / 92
  • 8. 地表近くの風と気温 / 95
  • 8.1 大気境界層 / 95
  • 8.2 地面近くの気温 / 97
  • 8.3 乱流 / 99
  • 8.4 地表近くの風 / 102
  • 9. 大規模な運動 / 108
  • 9.1 熱帯の直接循環 / 109
  • 9.2 帯状流 / 111
  • 9.3 南北輸送 / 118
  • 9.4 大陸と海洋 / 119
  • 10. 高低気圧と降水 / 122
  • 10.1 温帯低気圧 / 122
  • 10.2 熱帯低気圧 / 129
  • 10.3 降水域 / 130
  • 10.4 降水量 / 134
  • 11. データの図示 / 137
  • 11.1 グラフと等値線 / 138
  • 11.2 風の表現 / 145
  • 11.3 天気図 / 147
  • 12. データ処理システム / 151
  • 12.1 大量のデータ処理 / 152
  • 12.2 シミュレーション / 154
  • 12.3 予報と制御 / 158
  • さくいん / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 気象の理 : 環境科学へのアプローチ
著作者等 島貫 陸
書名ヨミ キショウ ノ リ
書名別名 Kisho no ri
出版元 東洋館出版社
刊行年月 1980.9
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4491001103
NCID BN03392977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80040573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想