方丈記

鴨長明 著 ; 市古貞次 校注

人の世の無常を感じ出家遁世した長明。しかし方丈の草庵で安住できない。この苦渋にみちた著者の内面が、和歌雑淆・対句仕立ての格調ある文章によって表現され、古来人々の愛読する古典となった。長明自筆といわる大福光寺本のすべての影印と翻字を付す。

「BOOKデータベース」より

人の世の無常を感じ出家遁世した長明。しかし方丈の草庵でも安住できない。この苦渋にみちた著者の内面が、和漢混淆・対句仕立ての格調ある文章によって表現され、古来人々の愛読する古典となった。長明自筆といわれる大福光寺本のすべての影印と翻字を付す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方丈記
著作者等 山田 孝雄
市古 貞次
鴨 長明
書名ヨミ ホウジョウキ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.5
版表示 新訂.
ページ数 151p
大きさ 15cm
ISBN 4003010019
NCID BA32798645
BN0104519X
BN02667912
BN0338730X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89043241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想