ギリシア文明と狂気

ベネット・サイモン 著 ; 石渡隆司 ほか訳

古代ギリシア人たちは狂気の原因や有効な治療法についてどのように考えたのか。西欧の狂気観のルーツを辿り、現代精神医学のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ギリシア人と非理性
  • 第1章 ホメロスにおける狂気
  • 第2章 ギリシア悲劇における狂気
  • 第3章 プラトンの狂気論
  • 第4章 プラトンとフロイト
  • 第5章 ヒポクラテスの狂気論
  • 第6章 ヒステリーと社会的諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア文明と狂気
著作者等 Simon, Bennett
石渡 隆司
藤原 博
酒井 明夫
サイモン ベネット
書名ヨミ ギリシア ブンメイ ト キョウキ
書名別名 Mind and madness in ancient Greece

Girishia bunmei to kyoki
出版元 人文書院
刊行年月 1989.4
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4409330357
NCID BN03386952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想