ラテン世界の民間説話

三原幸久 編

ラテン系言語による古典から現代口承に至る「ものがたり」をはじめ、その日本への影響、非ラテン語少数民族の説話など、民衆文化=民間説話の広汎な世界にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説-ラテン世界の民間説話
  • ラテン語世界の説話-『ゲスタ・ロマノールム』
  • イタリアの古典説話-中世・ルネッサンス期のノヴェッラ
  • イタリアの口承説話
  • レト・ロマンの昔話
  • フランスの口承説話
  • スペインの古典説話
  • スペインの昔話伝承
  • バスクの昔話伝承
  • ポルトガルの説話-民衆文芸の系譜学
  • アルゼンチンにおける昔話研究
  • ブラジルの説話
  • チリにおける昔話研究
  • ペルーにおける説話-インカリ神話を中心に
  • 『伊曽保物語』の流寓
  • 原話と対訳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテン世界の民間説話
著作者等 三原 幸久
書名ヨミ ラテン セカイ ノ ミンカン セツワ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.4
ページ数 222, 48p
大きさ 19cm
ISBN 4790703487
NCID BN03386792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89035041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想