類義語の研究

国立国語研究所 [編]

執筆者: 松尾拾, 西尾寅弥, 田中章夫

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 刊行のことば
  • I 調査研究のあらまし
  • 1. 目的 / p1
  • 2. 調査の方針 / p1
  • 3. 資料 / p2
  • 4. 調査の方法・経過 / p3
  • 5. 調査の担当 / p14
  • II 基礎的問題の概観調査
  • 1. 類義語の種々相 / p16
  • 1.1. 前提的な二・三の問題 / p16
  • 1.2. 意味の方面 / p18
  • 1.3. 語感の方面 / p22
  • 1.4. 語の形態の方面 / p26
  • 1.5. 語の文法機能・品詞性に関する方面 / p27
  • 1.6. 語の存在様式に関する方面 / p28
  • 1.7. おわりに / p31
  • 2. 意味・用法の使い分けからみた類義語の様相 / p32
  • 2.1. 調査の目的 / p32
  • 2.2. 意味の違いについての意識--アンケート調査による / p32
  • 2.3. 使い分けの実態調査--実験テストによる / p51
  • 2.4. 調査のまとめ / p68
  • 3. 語感等からみた類義語の様相 / p84
  • 3.1. 語感的な差異についての調査 / p84
  • 3.2. 言語使用者の好み・選択についての調査 / p99
  • 3.3. 類義語の使用意識の調査と語感 / p128
  • III 類義語の問題点
  • 1. 問題の所在とその要因--事例研究 / p151
  • 1.1. きらわれることばとその言いかえ / p151
  • 1.2. 語の類義的対応と言いかえの問題 / p171
  • 1.3. 類義語の使い分けと整理 / p176
  • 2. 外来語をめぐる類義語の問題点 / p182
  • 2.1. 意味のあいまいさがもたらす類義関係の様相 / p182
  • 2.2. 語のはいりかたに基づく類義関係の多様性 / p189
  • 2.3. 類義的な外来語のふえる理由 / p195
  • 3. 同音類義語をめぐる問題 / p204
  • 3.1. 同音類義語の問題 / p204
  • 3.2. 同音類義語とは / p205
  • 3.3. 使い分けの種々相 / p206
  • 3.4. 使い分けの実態 / p209
  • 3.5. 同語意識と別語意識 / p219
  • 付 「おもな同音類義語の語彙表」 / p221
  • IV むすび
  • V 実験テスト集計表他
  • テスト1 類義語の使い分け等についての調査 / p282
  • テスト2 長岡市会社調査 / p306
  • テスト3 語感と語の好みについての調査 / p313
  • テスト4 語の選択とその要因の調査 / p318
  • テスト5 語の使用意識についての調査 / p323
  • テスト6 外来語をめぐる類義語についての調査 / p327
  • テスト7 同音類義語の調査 / p329
  • 週刊誌からの採集用例 / p334

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 類義語の研究
著作者等 国立国語研究所
松尾 拾
田中 章夫
西尾 寅弥
書名ヨミ ルイギゴ ノ ケンキュウ
シリーズ名 国立国語研究所報告 ; 28
出版元 国立国語研究所
刊行年月 1965
ページ数 336p
大きさ 21cm
NCID BN03385891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65003576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想