年中行事を「科学」する : 暦のなかの文化と知恵

永田久 著

節分になぜ豆をまくのか?四十九日とはどなん日?キリストの本当の誕生日は?歳時にまつわる縁起・由来を「数」の論理を軸に探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(元旦と人日
  • 成人の日
  • 節分と立春
  • 建国記念の日
  • ヴァレンタインデー
  • 上巳の節句
  • 彼岸と春分)
  • 夏(端午の節句
  • 七夕
  • 中元と盆)
  • 秋(重陽の節句
  • 敬老の日
  • 体育の日
  • 七五三)
  • 冬(勤労感謝の日
  • 冬至祭
  • クリスマス
  • 大晦日)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年中行事を「科学」する : 暦のなかの文化と知恵
著作者等 永田 久
書名ヨミ ネンチュウ ギョウジ オ カガク スル
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1989.3
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4532094798
NCID BN03385665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想