細胞コミュニティーの形成

竹市雅俊, 藤沢肇 編

多細胞動物の細胞は単独では生きられない宿命を負っている。多細胞動物の細胞にとって、集団として存在することは絶対であり、その中で細胞はそれぞれの個性に応じた機能分担をしながら相互に依存し合い、コミュニティーを形成している。本巻は、このような細胞のコミュニティーが、個体の発生を経てどのように成立するか、という問題を取り扱う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境情報による細胞分化の制御
  • 細胞系譜を決めるもの
  • 細胞のネットワーク形成
  • パターンの構築
  • 細胞コミュニティーへの介入

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞コミュニティーの形成
著作者等 日本分子生物学会
竹市 雅俊
藤沢 肇
藤澤 肇
書名ヨミ サイボウ コミュニティー ノ ケイセイ
シリーズ名 シリーズ分子生物学の進歩 8
出版元 丸善
刊行年月 1990.5
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4621033700
NCID BN03383706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91043839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想