新編解剖刀を執りて

森於莵 著

鴎外を父としながら「思うところあって」文学者にならなかった著者が、解剖学者として折にふれ書き綴った随想を集める。死者のイメージに出会うヨーロッパ体験、実習室での奇妙な出来事、愛犬を失うの記、なきがらとの対話幻想などを語って自称「ボンヤリ教授」のペンが冴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 屍体異変
  • 死面の印象
  • 老いの話
  • 屍体春秋
  • 死面生面
  • 屍体展望
  • 研究室の1話
  • 顕微鏡雑話
  • 白い町
  • 生命の泉
  • 屍体絵巻
  • 臍を噛む
  • 蛙の臍
  • 敬礼
  • 鯨とポプラ
  • 抽籖
  • 放心教授
  • 犬の死因
  • 老犬
  • 解剖雑話
  • 魂魄分離
  • なきがら陳情
  • 弱きものよ汝の名は男なり
  • 空想半熟卵
  • 耄碌寸前

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編解剖刀を執りて
著作者等 森 於莵
森 於菟
書名ヨミ シンペン カイボウトウ オ トリテ
シリーズ名 筑摩叢書 333
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.5
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4480013334
NCID BN03379662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89048871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
放心教授 森 於莵
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想