分散する理性 : 現象学の視線

鷲田清一 著

経験、共存、日常、知-4つのテーマをめぐり、われわれの経験のある閉じることのない動性を豊かに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日常の藪のなかで-「日常性」の解釈と批判
  • 一貫した変形-デフォルマシオンとしての経験
  • 共存のポイエティック-間主観的世界の生成
  • 分散する理性-「究極的な基礎づけ」という理念の批判
  • 補論 存在の作業場-ウィリアム・ジェイムズの<経験>論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分散する理性 : 現象学の視線
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ ブンサンスル リセイ
書名別名 Bunsansuru risei
出版元 勁草書房
刊行年月 1989.4
ページ数 264, 3p
大きさ 20cm
ISBN 432615215X
NCID BN03379527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89036099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想