ハイテク社会と労働 : 何が起きているか

森清 著

コンピュータ化が職場で進むにつれ、労働環境、労働条件は大きく変わろうとしている。機械と人間はどのようにして共存できるのか。人と人との関係はどうなっていくのか。ロボット工場、インテリジェントビル、ソフトウェア開発現場、コンピュータ・ルームを、技術者の眼で取材しながら、ハイテク社会における人間労働の意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 労働の終焉?
  • 1 ロボット工場と労働
  • 2 インテリジェントビルでの労働
  • 3 高度情報化工場の光と影
  • 4 ソフトウェア労働者たち
  • 5 ロボタイゼーションを超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイテク社会と労働 : 何が起きているか
著作者等 森 清
書名ヨミ ハイテク シャカイ ト ロウドウ
書名別名 Haiteku shakai to rodo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.5
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 4004300703
NCID BN03377962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89045047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想