法というものの考え方

渡辺洋三 著

'60年安保の時代に青年期にあった著者のロマンを込めて書かれた本書は、当時の若い世代に圧倒的な支持をうけた。戦後憲法の原点を再確認すべき日本の現状下、30年の時代を超えて生きつづける法学入門書の決定版。復刊にあたって、新たに解説をつけ加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の所在
  • 市民法の考え方(市民社会
  • 「契約は守らなければならない」
  • 日本人の契約観
  • 日本人の所有観)
  • 市民国家と法の支配(「法は守らなければならない」
  • 明治憲法と法治主義
  • 日本国憲法と法の支配
  • 国家と国民との関係は法的に対等である)
  • 社会法の考え方(市民法と社会法
  • 社会法と生存権
  • 社会法と国家の役割)
  • 法の解釈と裁判(立法と法解釈
  • 法解釈という人間行動)
  • 二つの法律観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法というものの考え方
著作者等 渡辺 洋三
書名ヨミ ホウ ト ユウ モノ ノ カンガエカタ
出版元 日本評論社
刊行年月 1989.4
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4535577838
NCID BN03375049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89055717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想