東洋への視角と西洋への視角

飯塚浩二 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 白禍と黄禍-日露戦争中のアナトール・フランスと第二次戦後のジョルジュ・デュアルメル- / p1
  • 一 二冊の本 / p3
  • 二 日露戦争時代の日本 / p5
  • 三 日露戦争とアナトール・フランス / p9
  • 四 第二次大戦争のジョルジュ・デュアメルとコロニアリズム / p16
  • 五 二人のヒュマニスト / p25
  • 第二部 アジアへの視角とヨーロッパへの視角-一つの覚え書- / p31
  • 一 洋学研修の落丁 / p33
  • 二 本場のキリスト教に関するノート / p38
  • 三 道教の中国の場合、カトリックのヨーロッパの場合 / p43
  • 四 「神をもしのごうとするもの」 / p47
  • 五 進化論〝人間宣言〟と / p50
  • 六 ご都合主義な理想化 / p56
  • 付録 「自然科学的な歴史観」対『文化科学と自然科学』 / p63
  • 第三部 外国人による日本文化研究の効用 / p69
  • 一 ビゲロウの注文、ホーソンの警告 / p71
  • 二 違った解釈を突きあわせる / p75
  • 三 柳田先生の見識 / p80
  • 四 『菊と刀』の読後感 / p87
  • 第四部 アラビアン・ナイト再発見-異彩の民話・民話の異端- / p93
  • 一 説話文学の傑作 / p95
  • 二、舞台の広さは抜群 / p97
  • 三、地域間の大商業の繁栄 / p101
  • 四 比喩に見る農耕の知恵 / p105
  • 五 洗練された修辞法 / p109
  • 六 強大無比の権力 / p112
  • 第五部 「鉄砲」文明論 / p121
  • 一 傭兵と武器の輸出 / p123
  • 二 清正と虎と鉄砲 / p127
  • 三 十六世紀末年の明の『神器譜』 / p134
  • 四 趙氏ご椎称のトルコ伝来の鉄砲 / p146
  • 第六部 オーストラリア・ニュージーランド紀行 / p155
  • 一 アデレードの学会によばれる / p157
  • 二 『二階の国』日本への関心 / p161
  • 三 冬の世界への避暑 / p168
  • 四 オーストラリアの自然と植物景観 / p178
  • 五 ニュージーランドの場合 / p188
  • 六 ニュージーランドの植物景観 / p196
  • 七 地理教室の人々 / p199
  • 八 アジアへの関心の高まりを支えるもの / p203
  • 九 英国とのつながり(一) / p211
  • 一〇 英国とのつながり(二) / p216
  • 一一 〝世界の果て〟 / p220
  • 一二 ニュージーランドのマオリとオーストラリアの原始部族の場合 / p224
  • 一三 中産階級の国としての特色 / p229
  • 一四 オーストレリアン・ハズバンドとフライング・ドクター / p236
  • 一五 職人が育たないといわれる社会環境 / p243
  • 一六 チップがいらないということ / p248
  • あとがき / p257

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋への視角と西洋への視角
著作者等 飯塚 浩二
書名ヨミ トウヨウ エノ シカク ト セイヨウ エノ シカク
出版元 岩波書店
刊行年月 1964
ページ数 263p 図版
大きさ 19cm
NCID BN03370373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64011479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想