新社会政策を学ぶ

西村豁通, 荒又重雄 編

転換を始めた時代のなかで、かつて一世を風靡した「福祉国家」とそれへの社会政策的対応も変容を迫られています。本書は、社会政策の理論・思想・歴史や日本の歩みを学ぶなかで、その今日的意義と課題を明らかにします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会政策を学ぶために
  • 第1部 社会政策の理論と思想(資本主義経済下の賃労働と社会政策
  • 社会政策思想の成立と展開
  • 福祉国家思想の形成と変遷
  • 日本社会政策思想の源流
  • 戦後日本の社会政策思想)
  • 第2部 社会政策の史的展開(資本主義の生成と社会政策
  • 資本主義の発展と社会政策
  • 国家独占資本主義と社会政策
  • 福祉国家と社会政策
  • 福祉国家の危機と社会政策
  • ILOと国際社会政策)
  • 第3部 日本における社会政策の歴史と現状(日本資本主義の形成と社会政策
  • 戦前日本の社会政策
  • 戦後日本社会政策の出発
  • 戦後日本社会政策の発展
  • 現代日本社会政策の新展開)
  • 結章 世界史の新段階と社会政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新社会政策を学ぶ
著作者等 荒又 重雄
西村 豁通
書名ヨミ シン シャカイ セイサク オ マナブ
書名別名 Shin shakai seisaku o manabu
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.3
ページ数 303, 25p
大きさ 19cm
ISBN 4641181098
NCID BN03366693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89032056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想