心とこころのふれあうとき : カウンセリングの技法をこえて

国分康孝 著

百花繚乱の中にあるカウンセリングの理論と方法を統合し、人間味に満ちたカウンセリングの確立をめざす著者の体験と思索の過程が、率直かつ真摯に語られた好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論(灰谷健次郎
  • 斎藤義重
  • 心理療法・カウンセリングとリレーション)
  • 第2章 リレーションの特質と起源(共感性
  • コミュニケーション)
  • 第3章 リレーションの意義(リレーションの発達
  • 生への意欲の根源)
  • 第4章 リレーションの阻害要因(劣等コンプレックス
  • 自己喪失のおそれ)
  • 第5章 リレーションの挫折と問題行動(自殺
  • 非行
  • 嫉妬)
  • 第6章 リレーションの欠如と精神障害(カウンセラーと精神疾患
  • 自我の強さと柔軟性)
  • 第7章 カウンセリングと宗教(文化と宗教
  • 母性原理か父性原理か)
  • 第8章 カウンセリングの本質(なおるとは何か
  • 精神分析の片寄り)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心とこころのふれあうとき : カウンセリングの技法をこえて
著作者等 国分 康孝
書名ヨミ ココロ ト ココロ ノ フレアウ トキ
書名別名 Kokoro to kokoro no fureau toki
出版元 黎明書房
刊行年月 1987.12
版表示 新装版
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 4654010300
NCID BN03364086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想