日本音楽とその周辺 : 吉川英史先生還暦記念論文集

小泉文夫, 星旭, 山口修責任編集

この本の情報

書名 日本音楽とその周辺 : 吉川英史先生還暦記念論文集
著作者等 小泉 文夫
山口 修
星 旭
書名ヨミ ニホン オンガク ト ソノ シュウヘン : キッカワ エイシ センセイ カンレキ キネン ロンブンシュウ
出版元 音楽之友社
刊行年月 1973.3
ページ数 418, 808p
大きさ 22cm
NCID BN03352087
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Midare(みだれ) : A Study of its historic development Willem Adriaansz
「かたち」試論 : 解決の移行ということについて 増本喜久子
「チュイチャイ」の曲についての一考察 石原笙子
「ヨナ抜き」雑考 東川清一
「文秋譜」の能音階 横道萬里雄
ペルシャ詩のリズム 柘植元一
マニ教と音楽 野村良雄
三味線組歌の曲節の変遷 村井靖児
三曲合奏による尺八の役割 : 尺八は歌の旋律を模奏するか 上参郷裕康
中国における古代の「舞い」およびその起源について 滝遼一
古代パラオにおける音楽行動 山口 修
唐楽のテンポ 蒲生美津子
奈良時代の箜篌について 林謙三
尺八、シノブエの音と内部構造の諸問題 山川直春
尺八古典における同名異曲の問題 月渓恒子
平家正節に見える平曲の大旋律型の種類 金田一春彦
徳之島の田植唄の音楽的性格について 内田るり子
日本音楽の音階と旋法 小泉 文夫
明治新曲について 中塩幸祐
東西浄瑠璃の地域的差異と旋律型の流動化 : 江戸ブシと上方ブシの章句の研究 町田佳聲
松屋清七の朱章 井野辺潔
民俗音楽学のゆくえその中心の喪失 梶川信子
清朝時代の文献による高砂族の楽器についての考察 呂炳川
琴曲「陽関三畳」について 三谷陽子
真言声明における自下について 蒲生郷昭
箏曲「段物」の研究 : 五段・七段・九段 星 旭
箏曲手法発達の歴史的考察 宮下秀冽
能のリズム : 三地謡とツヅケ謡について 小柴春海
芸術の分類に関する諸問題 渡辺護
韓国・朝鮮音楽のリズム 草野妙子
音楽史学としての日本音楽史研究 小島美子
風流踊歌 : 類歌の比較研究 樋口昭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想