明治の東京 : 随筆集

鏑木清方 著 ; 山田肇 編

代表作「築地明石町」などにみられるように、鏑木清方(1878‐1972)の画は、明治の東京の庶民生活を描いて他に類がないといわれるが、彼のエッセイもまた、江戸や明治への郷愁を誘う美しい小品として忘れられない。「銀座回想」「明治の東京語」など38篇を精選。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 50年前
  • わが家の歴史
  • 草双紙
  • 山の手と下町
  • 新富座
  • 築地の河岸
  • 銀座
  • 狂言
  • 江東の梅に思う
  • 浜町にいたころ
  • 明治の生活美術寸言
  • 明治の東京語〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治の東京 : 随筆集
著作者等 山田 肇
鏑木 清方
書名ヨミ メイジ ノ トウキョウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.4
ページ数 223p
大きさ 15cm
ISBN 4003111621
NCID BN03348931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89040590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想