鏡のなかの日本語 : その思考の種々相

坂部恵 著

日本語のなかに集約されている日本人の感じ方、考え方、価値観を掘り起こし探究する、真に思索的な哲学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本語の鏡 鏡のなかの日本語
  • 日本文化における仮面と影-日本の思考の潜在的存在論
  • <ふれる>ということばについての若干の覚え書き
  • <もどき>-日本における模倣的再現の伝統について
  • 日本思想の伝統における倫理学と美学の感情的基底について
  • 隠喩と「主体の問題」
  • ことばの尊厳とひとの価値
  • 過去と未来-旅の時間について
  • 異文化の鏡-オギュスタン・ベルク『風土の日本』をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡のなかの日本語 : その思考の種々相
著作者等 坂部 恵
書名ヨミ カガミ ノ ナカ ノ ニホンゴ
シリーズ名 ちくまライブラリー 22
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.6
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4480051228
NCID BN03344715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89060888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想