国籍法

江川英文 ほか著

国際結婚の増加などわが国社会の国際化の進展と「婦人差別撤廃条約」の批准に伴い、1984年「国籍法及び戸籍法の一部を改正する法律」が公布された。本書は改正部分を織り込みつつ、旧版をベースに国籍法の理論的基礎を徹底して究明。研究者・実務家の要請に応え得る国籍法の本格的体系書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 総論(国籍の概念および機能
  • 国籍法の原則
  • 国籍の抵触
  • 国籍法上の先決問題
  • 国籍法上の法源)
  • 第2編 国内立法による国籍の取得および喪失(国籍の取得
  • 国籍の喪失
  • 補説)
  • 第3編 国際法的原因による国籍の変更(樺太・千島交換条約による国籍の変更
  • 下関条約による国籍の変更
  • ポーツマス条約による国籍の変更
  • 日韓併合条約による国籍の変更
  • 対日平和条約による領土の変更と国籍問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国籍法
著作者等 山田 鐐一
早田 芳郎
江川 英文
書名ヨミ コクセキホウ
シリーズ名 法律学全集 59-Ⅱ
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.4
版表示 新版.
ページ数 262, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4641007594
NCID BN03336375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89038939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想