江戸の産業ルネッサンス

小島慶三 著

鎖国下の日本は闇だったのか。なぜ明治維新以降、これほど早く近代化に成功したのか。世界に例のない270年に及ぶ平和を維持し得た江戸時代を、西欧の有識者の日本および日本人観を比較証言資料として駆使し、社会経済的にも文化的にも、当時の先進西欧諸国に劣るもりではなく、むしろ近代化の諸条件が熟成された時代であったことを検証。同時に、開国後、異質文化との落差に囚われ、必要以上に貶しめられた江戸時代の再評価を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 変転する江戸時代の評価
  • 江戸前期までの日本と西欧
  • 江戸中間以降の日本と西欧
  • 江戸の産業ルネッサンス
  • 開国直後の日本と西欧
  • 近代化への期待と不安

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の産業ルネッサンス
著作者等 小島 慶三
書名ヨミ エド ノ サンギョウ ルネッサンス
書名別名 近代化の源泉をさぐる
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1989.4
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4121009215
NCID BN0333364X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89041896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想