歴史家と民族意識 : ポーランドの民族的伝統についての省察

ステファン・キェニェーヴィチ 著 ; 阪東宏 訳

[目次]

  • 1 ポーランド知識人の系譜
  • 2 実業の問題 1840‐1890年
  • 3 19世紀におけるポーランド民族意識の発展
  • 4 独立へのいくつかの道
  • 5 歴史学の地位のために
  • 6 歴史家と集団意識の問題
  • 7 歴史学と民族意識-過去・現在・未来
  • 8 19世紀におけるポーランドの教会と民族問題
  • 9 19世紀におけるポーランド人とユダヤ人
  • 10 ポーランド歴史学の発展の展望
  • 11 隷従の時代のポーランド人の肖像
  • 12 民族の過去-社会の眼と歴史家の眼
  • 13 ポーランド民族意識における19世紀の諸伝統
  • "歴史叙述者の省察から"-ステファン=キェニェーヴィチ教授の仕事と経歴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史家と民族意識 : ポーランドの民族的伝統についての省察
著作者等 Kieniewicz, Stefan
阪東 宏
キェニェーヴィチ ステファン
書名ヨミ レキシカ ト ミンゾク イシキ
出版元 未来社
刊行年月 1989.2
ページ数 332, 37p
大きさ 20cm
ISBN 4624111133
NCID BN03332396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ポーランド語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想