価格現象と労働価値 : 価値論・人間論の科学的再建

御前進 著

[目次]

  • 第1編 『資本論』と下向法(所得分析と利潤概念
  • 利潤源泉の追究
  • 貨幣分析と交換価値規定)
  • 第2編 価格と価値(市場価値論と標準的生産条件
  • 生産価格論と負価値問題-置塩‐森嶋論争の検討から
  • 商品生産と投下労働価値説)
  • 第3編 下向法と人間論(『資本論』の方法と「疎外論」
  • 疎外論の非科学性問題
  • 経済学的人間論への序説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 価格現象と労働価値 : 価値論・人間論の科学的再建
著作者等 御前 進
書名ヨミ カカク ゲンショウ ト ロウドウ カチ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1989.3
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 4623018989
NCID BN03330969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想