環境汚染物質の生体への影響  19

National Research Council 編 ; 和田攻, 木村正己 監訳

本書はアンモニアに関して、その物理的、化学的性質、窒素循環過程における各種環境媒体での生成、移動、反応、同化作用、測定・モニタリング法、アンモニアの製造と利用、輸送上の留意点、アンモニアの代謝、生態系を構成する種々の生物に対する毒性、ヒトへの健康影響など、広範囲にわたる諸問題を要領よくレビューしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物理的、化学的性質
  • 2 化学的相互作用:化学変化と輸送機構
  • 3 測定と監視
  • 4. 大気中アンモニアの発生源と気中濃度およびその沈積場所
  • 5. 輸送
  • 6. 毒性
  • 7. 人体に及ぼす影響
  • 8. 材料(資材)に対する影響
  • 9. まとめ
  • 10. 勧告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境汚染物質の生体への影響
著作者等 National Research Council. Committee on Medical and Biologic Effects of Environmental Pollutants
アメリカ研究審議会
井村 伸正
和田 攻
木村 正己
松下 秀鶴
National Research Council
書名ヨミ カンキョウ オセン ブッシツ ノ セイタイ エノ エイキョウ
書名別名 Medical and biologic effects of environmental pollutants

アンモニア
巻冊次 19
出版元 東京化学同人
刊行年月 1989.4
ページ数 392p
大きさ 22cm
ISBN 4807911198
NCID BN03329223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アンモニア 井村 伸正, 松下 秀鶴
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想