近代経済学

熊谷尚夫 著

[目次]

  • 目次
  • 序言
  • 第一章 経済問題へのアプローチ / p1
  • 一 経済学への動機 / p1
  • 二 近代経済学の基本性格 / p6
  • 三 経済問題の本質とその諸相 / p13
  • 四 結語 / p23
  • 第二章 経済循環の構造 / p27
  • 一 生産過程の技術的構造 / p27
  • 二 経済社会の制度的編成 / p35
  • 三 国民所得の循環 / p40
  • 四 経済理論の課題 / p49
  • 第三章 均衡理論の基本性格-その構造と意義 / p55
  • 一 均衡理論とはなにか / p55
  • 二 近代的均衡分析の構造 / p63
  • 三 静学と動学 / p75
  • 第四章 独占と競争 / p89
  • 一 独占理論の系譜 / p89
  • 二 市場形態論 / p98
  • 三 独占理論の基本命題とその応用 / p107
  • 四 独占と経済的厚生 / p120
  • 第五章 分配理論の基礎 / p128
  • 一 分配理論の基本問題 / p128
  • 二 限界生産力説 / p135
  • 三 利子理論 / p145
  • 四 生産用役の供給と所得分配 / p154
  • 第六章 国民所得と雇傭-ケインズ体系 / p164
  • 一 「ケインズ革命」の核心 / p164
  • 二 ケインズ経済学の骨格 / p174
  • 三 乗数理論 / p185
  • 四 賃銀率と雇傭 / p189
  • 第七章 資本蓄積と景気循環 / p198
  • 一 景気循環の基本現象 / p198
  • 二 有効需要の原理と乗数過程 / p204
  • 三 投資率の決定と変動 / p210
  • 四 循環運動のアウトライン / p217
  • 第八章 資本主義経済の長期傾向 / p227
  • 一 問題の提起-古典理論との対比 / p227
  • 二 ケインズ=ハンセン理論 / p236
  • 三 資本主義の将来と技術的革新 / p244
  • 第九章 近代経済学と社会主義 / p251
  • 一 序説 / p251
  • 二 経済計算論争とその帰結 / p256
  • 三 比較体制論の基本問題 / p267
  • 事項索引
  • 著者名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代経済学
著作者等 熊谷 尚夫
書名ヨミ キンダイ ケイザイガク
書名別名 Kindai keizaigaku
出版元 日本評論新社
刊行年月 1956
ページ数 275p
大きさ 19cm
NCID BN03329187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57001050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想