「私」のいる文章

森本哲郎 著

客観的な新聞記事を書くことが嫌になり、27年もの記者生活に終止符を打った著者は、いざ主観的な「私」のいる文章を書こうとして戸惑ってしまった。「私」のいる文章を書くためには、「私」自身を知らねばならない。しかし「私」ほど曖昧なものはないのだ。何かを書きためには、表現の技術は二の次で、まず表現する中身が大事であると説く、文章経験豊かな先輩からの心やさしいメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ぼくの取材ノート(奇を好む心
  • 書物からの発想
  • 議論からの発想
  • イメージからの発想
  • ふたたびイメージからの発想
  • 「やっつけ仕事」の合理性
  • 綿密と横着のあいだ)
  • 第2部 ぼくのインタビュー論(私の会った人びと/トインビーからM・モンローまで
  • 楽しき雑談)
  • 第3部 ぼくのジャーナリズム観(新聞幻想・新聞への幻想
  • 明日のジャーナリスト
  • 新聞批判の常識)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「私」のいる文章
著作者等 森本 哲郎
書名ヨミ ワタクシ ノ イル ブンショウ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1988.12
ページ数 217p
大きさ 16cm
ISBN 4101073120
NCID BN03328107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想