柔らかいファシズム : イタリア・ファシズムと余暇の組織化

ヴィクトリア・デ・グラツィア 著 ; 豊下楢彦 ほか訳

ドイツ・日本のファシズム研究にくらべて、イタリアのそれは大きく立ち遅れてきた。本書は当時の全国的余暇組織ドーポラヴォーロ(「労働のあと」の意)に焦点をあてながら、ファシズム体制がいかにして20年を越えて長期間、広範な大衆の同意を獲得していったのかを解明した注目の力作。同時に著者は、第1次世界大戦以後の欧米資本主義国での支配方法や同意獲得の変化、文化の変容といった普遍的な視点から分析を試みているので、今日の高度に組織化されたあらゆる社会の解明にも重要なカギを提供している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 同意の組織化-歴史的背景と理論的枠組み
  • 2章 余暇の政治学
  • 3章 労働者の余暇のテイラー化
  • 4章 農村への浸透
  • 5章 事務識員層の特権化
  • 6章 大衆の国民化
  • 7章 ファシスト民衆文化の形成
  • 8章 同意の限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柔らかいファシズム : イタリア・ファシズムと余暇の組織化
著作者等 De Grazia, Victoria
後 房雄
森川 貞夫
豊下 楢彦
高橋 進
デ・グラツィア ヴィクトリア
書名ヨミ ヤワラカイ ファシズム
書名別名 The culture of consent
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.4
ページ数 421, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4641181101
NCID BN03327374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89038811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想