機械熱力学

柘植盛男 著

[目次]

  • 目次
  • 1. 緖論
  • 1.1 熱力学 / p1
  • 1.2 系・状態・状態量 / p2
  • 1.3 状態変化 / p2
  • 1.4 状態量の関係式 / p3
  • 2. 熱力学第1法則
  • 2.1 熱力学第1法則 / p8
  • 2.2 可逆的状態変化(第1法則の適用) / p11
  • 3. 熱力学第2法則
  • 3.1 熱機関および熱効率 / p27
  • 3.2 熱力学第2法則 / p28
  • 3.3 カルノー・サイクル / p28
  • 3.4 エントロピおよび有効エネルギ / p34
  • 3.5 可逆・非可逆過程とエントロピ変化 / p47
  • 3.6 自然的変化と熱力学的平衡 / p54
  • 4. 動力機械のエネルギ変換
  • 4.1 閉じた系のエネルギ変換 / p61
  • 4.2 定常流れ系のエネルギ変換 / p66
  • 4.3 比熱が変化する場合の等エントロピ変化 / p80
  • 4.4 非定常流れ系のエネルギ式 / p83
  • 4.5 流れ系の最大仕事(最大工業仕事) / p87
  • 5. 純粋な物質の熱力学的性質
  • 5.1 状態量の一般関係式 / p99
  • 5.2 統計力学による状態量の関係式 / p102
  • 5.3 理想気体の性質 / p106
  • 5.4 蒸気および実在の気体の性質 / p118
  • 6. 非可逆非静的過程
  • 6.1 理想気体の拡散混合 / p141
  • 6.2 気体の非可逆膨張 / p149
  • 7. 気体の流れ過程
  • 7.1 基本的事項 / p156
  • 7.2 ノズルおよびディフューザの流れ / p163
  • 7.3 一定断面の管内流れ / p172
  • 8. 燃焼過程
  • 8.1 完全燃焼に必要な酸素量または空気量 / p182
  • 8.2 燃焼による化学的エネルギ / p184
  • 8.3 断熱燃焼温度 / p189
  • 8.4 燃焼過程の非可逆性 / p190
  • 9. 動力サイクルおよび冷凍サイクル
  • 9.1 ガスサイクル / p194
  • 9.2 蒸気動力サイクル / p212
  • 9.3 冷凍サイクル / p217
  • 付録 / p224
  • 索引 / p235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 機械熱力学
著作者等 柘植 盛男
書名ヨミ キカイ ネツリキガク
書名別名 Kikai netsurikigaku
出版元 朝倉書店
刊行年月 1967
版表示 3版
ページ数 238p
大きさ 22cm
NCID BA49707859
BN03325652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67008976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想